ノパレーゼ新事業「ANDYOU dressing room」子会社、株式会社ANDYOU 発表会

2019.04.19 イベント

ブライダル大手の(株)ノバレーゼ(東京都中央区、荻野洋基社長、資本金:100百万円)は、女性用のパーティードレスのレンタル・シェアリング事業に、2019年4月から初参入します。
開設するECサイト「ANDYOU dressing room(アンドユードレッシングルーム)」(4/18開設)は、デザインクオリティの高い、ハイセンスなパーティードレスを300型600着揃えます。インポートと自社デザインともに、海外のパーティーシーンをイメージした品ぞろえです。1回(2泊3日)のレンタル料金は、クリーニング代と往復の送料込みで、税別4500円~とリーズナブルな設定です。
小物もアクセサリー100種とバッグ50種を用意。ドレスとともに、パーティースタイルを、可愛くオシャレに“魅せる”アイテムばかりです。レンタル価格もアクセサリーが税別1500円、バッグが同3000円と手頃で、センスの良いトータルコーディネートが1万円以下と、安く手に入ります。
利用者は、「海に近い式場」や「ガーデンウエディング」など参列する式場形態を選択するだけで、色やドレス丈、素材感など、会場にふさわしいドレスを探すことができます。
手掛けるのは、当社100%出資の子会社、(株)ANDYOU(アンドユー)です。事業発案者で同社代表の松田愛里(27歳)が、デザインセンスの良さと価格のギャップを売りに、20代と30代前半の女性を顧客ターゲットに事業展開します。実店舗を持たない、インターネット上のシェアビジネスとして、サービス開始から3年で、年間3億円の売り上げを目指します。

〈サービス詳細〉

サイトには、会場特性から「オススメのドレス」をピックアップする独自の機能も設け、ブライダル事業のノウハウを生かします。利用者は、「リゾートウエディング」や「ガーデンウエディング」「ホテルウエディング」など参列する式場形態を選択するだけで、色やドレス丈、袖丈、素材感など、会場にふさわしいドレスを探すことができます。「自分好みのドレス」に加えて、「雰囲気に溶け込む美しいドレス」を容易に選べます。
ドレスは海外のパーティーシーンをイメージした、楽しくて可愛いデザインのものを主軸に扱いながら、自社デザインも3割程度、揃えます。デザインは結婚式や二次会のパーティーシーンに好まれるミニ丈、膝丈、ミモレ丈(膝下丈)、ロング丈を用意します。豊富な商品型数で、女性のデザインニーズを汲み取ります。
サイズはS(5~7号)とM(9~11号)です。料金体系は税別4500円と6500円、9500円の計3パターンで展開します。主力は4500円の商品を想定しており、点数の7割を占める計画です。サイズと価格ともに、ボリュームゾーンを狙います。優美なデザインのものを多数置きながら、シンプルな価格設計で、利用者にとって分かりやすいサービスを心がけます。
サイトの利便性も、商品カテゴリー(ドレス、パンツドレス、スカート)や色サイズなどで検索できる従来のファッション系電子商取引(EC)サイトの要素をおさえつつ、婚礼目線で向上させます。「リゾートウエディング」や「ガーデンウエディング」「ホテルウエディング」など参列する式場形態のほか、「結婚式参列ドレス」「二次会ドレス」「パーティーシーン」「カジュアルシーン」といった用途別でもドレスを選べるようにします。豊富な品揃えのなか、その日の自分にふさわしい1着を、選びやすくします。
また「肩の露出の多いパーティードレスは、新婦に失礼だからNG?」といった、列席者が悩みがちなドレスコードを指南する読み物(コラム)を、サイト上のコンテンツとして用意します。婚礼事業からヒントを得た利用者目線をサービスに取り入れます。

株式会社ANDYOU

https://and-u.jp/

EVENT

新着イベントトレンド